「地鶏肉」特定JAS規格とは?


農林水産省は、「地鶏肉」の販売表示があいまいなため、消費者が製品の価値を
正当に評価できるよう「地鶏」を定義づける「地鶏肉」特定JAS規格を制定しました。

規格を満たし、国内で飼育した鶏の肉が「地鶏肉」と定義され、
特定JAS規格として平成12年6月10日から施行されました。

 

「地鶏肉」特定JAS規格概要


素 び な 在来種(明治時代までに国内で成立したまたは導入され定着した鶏)
由来の血液百分率が50%以上のもので、出生の証明ができるもの
飼育期間 80日以上飼育したもの
飼育方法 28日齢から平飼いで飼育したもの
飼育密度 28日齢から1uあたり10羽以下で飼育したもの