1.「阿波尾鶏」について


県内で古くから飼育していた赤笹系軍鶏を改良努力を重ねて、優良種を固定しました。
この地鶏(阿波地鶏)をブロイラー専用種の雌系統(白色プリマスロック)に交雑して、    
作り出した肉用鶏を「阿波尾鶏」と命名して平成2年2月から販売を開始しました。

県西部や県南部の、自然に恵まれ、ゆったりとした環境の中で、80日以上かけて丹念に
飼育された高級鶏肉として差別化商品を目標に生産しています。

平成10年度には”「地鶏」特定規格”の基準を満たす地鶏の中で生産量が全国1位となり、
日本のトップブランドに成長し、平成13年3月29日地鶏肉特定JAS認定機関
((社)徳島県畜産協会)よりJAS認定され、全国に先駆けて地鶏JASマークを付け、
販売が開始されました。

阿波尾鶏は、徳島県の特産物として徳島県立農林水産総合技術支援センター畜産研究所
が開発した、消費者のみなさまに、安心していただける高品質肉用鶏です。

 


2.特徴


肉色はやや赤みを帯び、低脂肪で適度な歯ごたえがあり、甘みとコクがあります。
肉のうま味成分であるグルタミン酸等の含量が、他の鶏種に比べ多いとの結果が
(財)日本冷凍食品協会神戸事務所の分析で出ています。

アミノ酸含有量
分析項目 阿波尾鶏むね肉 A地鶏 B地鶏
グルタミン酸 3.17 2.88 2.93
アスパラギン酸 2.03 1.84 1.93

※分析方法:アミノ酸自動分析計による

 


3.飼育方法


<飼育期間> 80日以上
<飼育方法> 県西部、南部の自然に恵まれた場所でゆったりと飼育
<給与飼料> 肉質を向上するとともに、脂肪の付着を抑える配合飼料を用いる

 

4.阿波尾鶏とブロイラーの比較


項目 阿波尾鶏 ブロイラー
肉の色・味 赤みを帯びて美しく甘みとコクがあり、適度な歯ごたえ 薄いピンク
淡泊で、柔らかい
飼育 体質は健康で暑熱・寒冷に強い 環境変化に弱い
生産重量 約3ヶ月で3kg 約2ヶ月で3kg
飼育期間 80日以上(年3回飼育) 約55日(年4.5〜5回)
飼料要求率 ♂2.6  ♀2.7 ♂2.0  ♀2.1

坪当たりの飼育羽数

20〜30羽 40〜50羽
性格 やや気性が荒い おとなしい