胸肉 胸部にある肉のこと。もも肉よりは淡色で、脂肪分が少なく、タンパク質が多めなのが特徴です。
調理方法としては、もも肉同様、揚げる・焼く・蒸す・煮る、とどんな調理法にも応用できます。

戻る

 

手羽先 翼の先の部分。手羽先は肉が少なく、脂肪分の多いのが特徴です。骨ごと時間をかけて、じっくり煮込むと、肉も軟らかくなり、骨の部分のゼラチン質が溶けだして、スープにコクととろみがつきます。
煮込み料理のほか、衣をつけて揚げても良いです。

戻る

 

手羽元 羽の付け根の部分です。肉が柔らかく、手羽先に比べると脂肪分も少なく、味も、ごくあっさりとしています。
比較的加熱時間の少ない、シンプルな料理に向いています。

戻る

 

ささみ 胸骨に沿った先の部分。葉に似た形をしており、一対になっています。鶏肉の中でも、特に脂肪分が少なく、味はごくあっさりと淡泊で、肉が柔らかいのが特徴です。
茶碗蒸しや蒸し鶏など、蒸し料理に、ゆでて、汁物の浮き身に、またゆでてから細かくさいて、チキンサラダにどうぞ。

戻る

 

もも肉 足の付け根から先の部分。灰紅色で、比較的脂肪分を多く含みます。胸肉に比べれば、肉は固いですが、反面、鶏肉らしいコクのある味が特徴です。
調理方法は、たれをつけて焼く、スパイスをつけて焼く、蒸し焼き(ローストチキン・チキンロール)、唐揚げ、フライドチキンなど様々です。

戻る